新ドラマネタバレ

新ドラマのネタバレ・感想などについてお届けします。

韓国ドラマ

私の心は花の雨のキャスト、相関図、あらすじ、ネタバレを詳しく‼

2016年韓国で大ヒットしたドラマの一つ「私の心は花の雨」は、現在BS朝日で朝8時半から放送中で、日本でも話題となっています。

最近あっさりした韓国ドラマが多かったのですが、この「私の心は花の雨」はかなりドロドロで韓流ファンの心をがっちりつかんでいるようです♪

そこで今回は「私の心は花の雨」のキャスト、相関図、あらすじ、ネタバレを詳しくお伝えしたいと思います。

その他にも「私の心は花の雨」の見どころ、「私の心は花の雨」に関するネットの上の声もまとめました。是非最後までご一読ください。

スポンサーリンク

「私の心は花の雨」基本情報

2016年 韓国KBS 全64話

平均視聴率10.2% 最高視聴率16.4%

演出 オ・スヨン(「スターの恋人」「ラブレイン」「ラブレター」ほか)

脚本 ムン・ヨンフン

《キャスト》

ナ・ヘリョン、チ・ウンソン、チョン・イヨン、イ・チャンウク、イム・チェウォン、キム・ミョンス、イム・ジウンほか

「私の心は花の雨」は、朝鮮戦争の混乱の中、4人の男女の人生が大きく入れ替わってしまい、運命に翻弄されつつも、徐々に真実が暴かれていく物語。

ジェットコースタードラマと称されるほどスピード感のあるドラマなので、是非一瞬たりともお見逃しのないようご注意くださいね♪

「私の心は花の雨」あらすじ

1950年、朝鮮戦争中のソウル。医師のスンジェは身重の婚約者ヨニと、スンジェの実家のある釜山へ避難しようとしていた。

その途中で、スンジェとヨニは、ヨニと同様身重の女性イルランと出会う。イルランは愛する男性に捨てられ心身ともに衰弱していた。

スンジェはヨニを助け、ヨニはなんとか一命を取り留めるのだが…運悪く3人は爆撃に遭い、スンジェは行方不明に、ヨニは意識不明になってしまう。

比較的軽症だったイルランは2人の安否を伝えるため、釜山にあるスンジェの実家を訪れるが、そこでイルランを待っていた運命とは…!

ヨニとイルランのお腹の中の子供の運命をも変えてしまう衝撃的な出来事が、まさに起ころうとしていた…!

プチ感想( ^ω^ )

日本のドラマにも戦時中の混乱を描いた昼ドラがたくさんありますが…それらの斜め上を行く面白さです♪

正直者が泣きを見るのか?言った者勝ちなのか?と少しヤキモキしますが…非常にスリリングな展開で飽きさせないドラマだと思います( ^ω^ )

「私の心は花の雨」相関図

https://twitter.com/yuina330/status/916525910513168384

「私の心は花の雨」の相関図を見ていきましょう。韓国ドラマ特有の出生の秘密が見え隠れしています。

シリアスなドラマですが、チョン家のチョン・ギスン(キム・ドヨン)の明るい笑顔にほっこりしますね♪ちょっとバービーさんに似てる!?

「私の心は花の雨」キャストを画像付きで紹介!

「私の心は花の雨」のキャストを画像付きでご紹介します。美男美女揃いでドラマを盛り上げてくれます。

ナ・ヘリョン(役 チョン・コンニム/ミン・ソナ)

役 チョン・コンニム/ミン・ソナ

ヨニとスンジェの娘ミン・ソナだが、ある事件によりクッパ店経営の家族に保護され、チョン・コンニムとして育てられる。

明るく素直、笑顔を絶やさないまさに理想の娘へと成長。コンニムは家計の足しにしようと劇場で働くことになるが、そこで2人の男性と運命の出会いを果たすことに!

【ナ・ヘリョンのプロフィール】

1994年11月11日生まれ

168センチ A型

2008年映画「狼の女」でデビュー。

4人組女性アイドルグループ「BESTie」のメンバーでサブボーカル担当。

幼いころから子役として活動し、演技の勉強もしてきたヘリョン。「私の心は花の雨」では堂々とした演技の中に繊細な表情も見せ、女優としての存在感を見せつけました。

ヘリョンといえば、カモシカのような美脚と美しすぎる顔!女性のなりたい理想の脚、理想の顔として憧れられる存在のヘリョン。今後の活躍がますます期待されます(^^♪

チ・ウンソン(役 パク・ソノ)

役 パク・ソノ

劇場経営者の父と元女優の母を持つ、裕福な家庭で育ったお坊ちゃま。

優しく繊細な性格で、父の経営者としての闇、母の毒親としての教育に長年苦しんでいる。法大に進学しても自分の生き方を見いだせずに葛藤しているが、劇場でコンニムと出会い、惹かれていくように…。

【チ・ウンソンのプロフィール】

1991年8月3日生まれ

179センチ

2013年ドラマ「花たちの戦い~宮廷残酷史~」でデビュー。

2015年ドラマ「輝くか、狂うか」で、太祖第9夫人の息子ワン・ウォンを演じ、注目されるように。

次世代若手スターの一人とも言われるチ・ウンソン。今後もどんな演技で魅了してくれるのか楽しみですね♪

チョン・イヨン(役 ミン・ヘジュ)

役 ミン・ヘジュ

イルランの娘。わがままで世間知らず、ほしいものは何でも手に入ると疑わない性格。

母の秘密を知ることで、医師になる夢をやめ、経営学に変更。母と自分の社会的地位を守ろうとする。

ソノを好きになるがうまくいかず…コンニムに嫉妬するように。

【チョン・イヨンのプロフィール】

1986年10月4日生まれ

171センチ

2009年ドラマ「宝石ビビンバ」でデビュー。

国民大学演劇映画学科卒業した才女。演出から演技の道を歩むことになったイヨン。そのためか、イヨンの演技は地に足の着いた落ち着いた演技で定評があります。

趣味は読書で活字が大好きだというイヨン。知性派女優としてますます活躍してくれそうです(^◇^)

イ・チャンウク(役 イ・ガンウク)

役 イ・ガンウク

12歳の時に母を亡くしてからは天涯孤独。生きるために悪に手を染め、半グレ的な人生をおくってきたが、ソノの父ミンギュの下で働くことに。

そして天真爛漫なコンニムと出会うことで人生が一変していく…。

【イ・チャンウクのプロフィール】

1984年7月2日生まれ

182センチ

2003年モデルとしてデビュー。

2005年セジュン大学校映画芸術学科に入学し、すぐに兵役へ。理由は、早めに兵役を果たして、途切れることなく思う存分演技の勉強、俳優として活動したかったからだそう。

家族思い、ファン思いで有名なチャンウク。これからも注目したい俳優の一人です。

「私の心は花の雨」見どころは?

「私の心は花の雨」の見どころをまとめました。少しネタバレもありますが楽しんでください。

韓国ドラマの真骨頂ともいえるドロドロ劇

最近の韓国ドラマは比較的軽めのものが多く、さわやかな恋愛者が主流でした。しかしこの「私の心は花の雨」はちがいます。

出生の秘密、嫉妬、愛憎、裏切り、後継者争い、三角関係ならぬ四角関係、家族愛…など韓国ドラマの王道をいく内容がてんこ盛り!

あり得ない!許せない!と思わず言いたくなるような展開が見どころです。とにかく息つく暇のない展開で、ハラハラドキドキの連続です。時々くすっと笑えるシーンもあり、一度見たら夢中になる中毒性があります♪

悪女・イルランの誕生!

悪女イルランが見どころですねぇ。でもイルランってある意味とても素直。女性のいい部分、悪い部分を体現してくれる存在です。

嫉妬をむき出しにするところ、平気で裏切るところ、保身のために手段を選ばないところなど…女の闇をこれでもか!と見せつけてくれます。でもどこか憎めない、それもまたイルランの魅力でしょう。

「小公女セーラ」を彷彿させる2人の美少女コンニム&ヘジュ

大きな運命の荒波に翻弄されるコンニムとヘジュ。この2人を見ていると「小公女セーラ」を思い出します。

対照的な2人の性格、生き方が面白く見ごたえがあります。人間は思い込みだけでお嬢様にもお姫様にもなれる、でもそれがメッキなのか本物なのか?真実の前ではメッキはいとも簡単にはがれてしまうのです。

天真爛漫で誰にでも愛されるコンニムと、本当に欲しいものは手に入らないヘジュの対照的なキャラクターが見どころです♪

「私の心は花の雨」少しネタバレ!ラストはどうなる?

「私の心は花の雨」のラストを少しネタバレします。まだ知りたくない方は、ご注意ください♪

「信じる者は救われる」「神様はいつも見ている」「お嬢様はアウトローに惚れる」そんな感想を持ったラストでした。

コンニムは、ガンウクと結ばれることに…。でもガンウクはそこで終わらない男なのです!なんとガンウクは、行方不明になっていたコンニムの実の父、ミン・スンジェを見つけ出します。

ガンウクのお蔭で、コンニムは本当の父スンジェ、そして本当の母ソヨンと再会することに!

そして、コンニムとガンウク夫妻、スンジェ、ソヨンの家族4人で写真撮影に臨み、心からの笑顔でラストを締めくくる…という流れです。

光の前にすると闇が消えるように、真実の前にすると嘘は徐々に崩れ落ちていきます。

ラストが納得できるので、途中でどんなに涙を流しても大丈夫♪泣き損のない勧善懲悪なドラマです。

「私の心は花の雨」に関するSNS上の声は?

「私の心は花の雨」を見た方どんな感想をお持ちなのでしょうか?一部ですがご紹介します。

https://twitter.com/tatanpapa60/status/929318664536334337

「私の心は花の雨」は面白いという意見が多いですね♪少し長いのですが、一度見たらハマってしまう方が多いようです。

この記事のまとめ

「私の心は花の雨」キャスト、相関図、あらすじ、ネタバレについての記事はいかがでしたか?

「私の心は花の雨」は1950年代から1970年代を舞台にしているので、レトロなファッションも楽しめます。

ヘリョンもイヨンも長身でスタイル抜群なので、何を着ても似合っていますよねぇ(^◇^)まさに動くファッション雑誌です!

是非、王道の韓国ドラマ「私の心は花の雨」をお楽しみください。

以上、

【私の心は花の雨】キャスト、相関図、あらすじ、ネタバレを詳しく‼

をお伝えしました。

-韓国ドラマ
-, , , ,