新ドラマネタバレ

新ドラマのネタバレ・感想などについてお届けします。

韓国ドラマ

【師匠オスンナム 】キャストや相関図、あらすじを詳しくお届けします!

2017年11月20日月曜日から、韓国ドラマ「師匠オスンナム 」が有料チャンネル・スカパー!で放送されることが決定しました。

最近の韓国ドラマは、あっさりとした純愛系、ヒューマン系が多かったのですが、この「師匠オスンナム 」は元祖韓国ドラマが帰ってきた!という衝撃的な内容なのです( ゚Д゚)

今回は韓国ドラマ「師匠オスンナム 」のキャストや相関図、あらすじを詳しくお届けしたいと思います。

その他にも「師匠オスンナム 」の見どころ、豆知識もまとめましたので、どうぞ最後までお付き合いください♪

スポンサーリンク

「師匠オスンナム 」基本情報

2017年 MBC制作 全129話

演出~チュ・ウンギョル(「福寿草」「棘のある花」ほか)

キム・ヨンミン(「福寿草」「たいしたもんだ本当に」ほか)

脚本~チェ・ヨンゴル(「偽りの雫」)

キャスト~パク・シウン、ク・ボンスン、チャン・スンジョ、ハン・スヨンほか

2012年、韓国で復讐ドラマとして大ヒットした「福寿草」。そのドラマの演出家を担当したチュ・ウンギョル氏とキム・ヨンミン氏が再び集結して挑んたドラマ「師匠オスンナム 」

元祖韓国ドラマの醍醐味に、最初から最後まで翻弄されること、間違いなし♪

全てを失ったヒロインが、憎しみではなく、愛を持って生きることに!憎しみからは何も生まれない…人として大切なことも教えてくれる、まさに濃すぎるジェットコースタードラマです。

「師匠オスンナム 」あらすじ

スンナム(パク・シウン)は、幼い頃に、ある人物の裏切りによって家族を一度になくしてしまう。そしてスンナムはショックから記憶喪失に。

そんなスンナムを救ってくれたのは、子供たちに学問や礼儀作法を教える書堂「ソダン」を経営するチャ夫妻だった。

スンナムは夫妻の愛情の中で、人としての幸せを実感しながら生きることに。医者として活躍するユミンと結婚し、娘のジュニョンを授かる。まさに幸せの絶頂の中にいた…。

だがそんな幸せは長く続かず、少しずつ運命の歯車が狂いだしていくことに。

ユミンの伯父で義父のマンピョンが、過去に汚職で濡れ衣を着せられ自殺したとされる弟の無念を晴らすため、警察に再捜査を依頼する。

この事件は、ユミンの勤務先である病院の親会社と関係していたことが明らかになり、ユミンは義父と病院の板挟みに!次第に家の中で争いごとが絶えなくなる。

幸せが足下から静かに崩れていくことを感じ取るスンナム…果たしてスンナムの運命は!?家族は一つになれるのか!?

プチ感想

とにかく最初から飛ばしてくれる「師匠オスンナム 」

不幸から幸せの絶頂、そして砂の塔のように静かに崩れていく幸せ…。飲み物を飲んだり、トイレに行く時間さえも許さないドラマです!

ヒロインのスンナムにどんな不幸が襲ってきても、魂までは売らないところがかっこいい!新ヒロインの姿に勇気づけられます( ^ω^ )

「師匠オスンナム 」相関図

「師匠オスンナム 」の相関図を見ていきましょう。

またまたややこしい関係性ですよね。出生の秘密などがこれから暴かれていくのでしょうか…( 一一)

韓国ドラマ特有のドロドロ感を裏切らない相関図です。

「師匠オスンナム 」キャストを画像付きで紹介します!

「師匠オスンナム 」のキャストを画像付きでご紹介します。

おちついた俳優陣の演技力が「師匠オスンナム 」を盛り上げてくれます。

パク・シウン(役/オ・スンナム)

役/オ・スンナム

200年以上の歴史ある宗家ジョクヒョンジェで訓長(先生)を務める女性。

夫ユミンとの間に生まれた一人娘チャ・ジュニョンを授かったものの、不幸で亡くしてしまう。ここからスンナムの不幸が始まっていくが、消して腐ることがない。

【パク・シウンのプロフィール】

1980年1月6日生まれ。

163センチ、B型

1988年ドラマ「キム・チャンクンの話」でデビュー。

「麗~花萌ゆる8人の皇子たち」、「棘のある花」の演技で大注目される。

「親愛なる者へ」(日本のドラマのリメイク)で、「師匠オスンナム 」で共演したク・ボンスンと再共演。

大人にしか出せない色香、艶、知性、美しさで勝負するパク・シウン。

2015年には俳優チン・テヒョンと結婚。今でもラブラブな2人はファンたちの憧れ♪パートナーシップとの充実が女優として、女性としてのパク・シウンを磨いているのでしょうね( ˘ω˘ )

ク・ボンスン(役/カン・ドゥルム)

役/カン・ドゥルム

韓国全域に展開する外食チェーン店経営者。お金ファーストで拝金主義。情がなく、無駄が嫌い、合理的な性格。

【ク・ボンスンのプロフィール】

1973年9月11日生まれ。

187センチ、AB型。

1994年ドラマ「今は特集放送中」でデビュー。

なぜかニックネームが、おばけ。顔色が悪いことからつけられたとも言われています( 一一)

「親愛なる者へ」では、女性好きのト・ハンスを演じるボンスン。このドラマでも共演したパク・シウンとの大人の愛が期待されています。

チャン・スンジョ(役/チャ・ユミン)

役/チャ・ユミン

スンナムの夫。有名大学医学部を卒業した超エリート、勝ち組。小児精神科の専門医として活躍している。

あることがきっかけで、スンナムとの間に大きな溝ができてしまう。

【チャン・スンジョのプロフィール】

1981年12月13日生まれ。

179センチ、A型。

2005年ミュージカル「求婚」でデビュー。

2014年、ミュージカルで共演した女性グループ「天上智喜」のリナと結婚。

ミュージカルで鍛えた表現力で、ドラマ界でも圧倒的な存在感を見せつけるスンジョ。これからの活躍が期待されています。

ハン・スヨン(役/ファン・セヒ)

役/ファン・セヒ

大企業ファンリョングループの企画開発室室長。

幼い頃から裕福な家庭で育ち、何不自由ない生活を送っていたセヒ。だが母親の愛情だけは手に入れることができなかったため、心に傷を負っている。

後にスンナムの夫であるユミンとの関係に変化が…!

【ハン・スヨンのプロフィール】

1983年4月24日生まれ。

168センチ、O型。

「雲が描いた月明かり」では、男装した内官ホン・ラオンを絶えず危機に追い込む王妃キムを演じ、大注目されたスヨン。

華奢で色白、儚げで妖精のようなスヨン…。今年の12月16日に結婚することに!お相手は韓国プロ野球ハンファ・イーグルスの投手キム・ヒョクミンさん。

結婚しても女優業は続けるとのことで、これからのスヨンの美しさ、演技に目が離せません♪

「師匠オスンナム 」見どころは?

「師匠オスンナム 」の見どころをまとめました。

韓国ドラマ鉄板要素が大集合!

「師匠オスンナム 」には、愛憎、復讐、出生の秘密、不倫、死別…など、韓国ドラマ鉄板要素が盛りだくさん!

最近のピュアな韓国ドラマとはちがい、元祖韓国ドラマが戻ってきた!という内容です。

最近の韓国ドラマはちょっと物足りないな…と感じる方にはぴったりかも!ただ一瞬たりとも見逃せないので、忙しいドラマタイムとなりそうです( ^ω^ )

愛から憎しみへ…夫婦のそれぞれの人生

スンナムとユミンは誰もがうらやむ程の夫婦でしたが…あることがきっかけで溝ができ、次第に愛が憎しみへと変化していきます。

でも憎しみから何も生まれないと悟るのがスンナム。高学歴でも自分のことしか考えないユミン。2人の人生はその後大きく変化していきます!2人の人生観が見どころです。

ドゥルムの価値観を変えるスンナム…2人の未来はどうなる!?

どんなことがあっても卑屈にならない強いスンナム。そんなスンナムにより、偏屈なドゥルムも次第に変化していきます。

独自の価値観を持った男性が女性によって変わるのは、あまりないことだと言われますので、それくらいスンナムの存在が素晴らしかったということでしょう(^^♪

スンナムとドゥルムは、同志として向き合う関係。その2人が今後どう変化していくのか、尊敬が愛に変わるのか、注目です!

「師匠オスンナム 」登場する書堂とは?

「師匠オスンナム 」に登場する書堂についてまとめました。

書堂の歴史

書堂は、日本でいう寺子屋(一般市民の子供が通う学校)に相当しますが、藩校(武士、藩士の子弟が通う学校)の方に近いと言われています。

書堂のはじまりは高麗時代(918年から1392年)。

当初は、学問がある子供は、身分がどうであれ賞賛されていましたが、次第に勉学よりも、身分が優遇されるようになり、書堂はなくなっていきます。

時が過ぎ、1883年あたりから、普通学校が十分でないことから書堂が増加しますが、初等教育機関の普及とともに再び減少していきます。

独立後は、漢文教養講座や技術学校、学習塾としての書堂は残り、徐々に近代学校制度が普及していきました。

書堂の教育内容

書堂の教育内容は、購読、製述、習字です。

・購読~童蒙先習、小学(儒教的な初等教科書)、四書(儒教の経書)、史記(中国の歴史書)などを読む。

・製述~漢詩の詩文である、五言絶句、七言絶句などを学ぶ。

・習字~楷書、行書、草書を学ぶ。

質の高い塾といった感じですね。読み書き、そして文章の組み立てを学ぶなんて、素晴らしい内容だと思います。本当の知性が培われそうです。

「師匠オスンナム 」この記事のまとめ

「師匠オスンナム 」キャストや相関図、あらすじを詳しくお届けします!の記事はいかがでしたか?

久しぶりにハラハラドキドキしつつも、人としての品格を教えてくれる深いドラマに出会った気がします。

一度見始めたら止まらなくなる「師匠オスンナム 」どうぞこの冬、温かくしてお楽しみくださいね。

以上、

【師匠オスンナム 】キャストや相関図、あらすじを詳しくお届けします!

をお伝えしました。

-韓国ドラマ
-, , ,