新ドラマネタバレ

新ドラマのネタバレ・感想などについてお届けします。

韓国ドラマ

私の婿の女のあらすじとキャスト一覧相関図!!

2016年に韓国で放送された「私の婿の女」は、日本のCSチャンネルなどで放送が開始されると、韓国ドラマファンの間で瞬く間に話題となったドラマです。

今回はそんな「私の婿の女」のあらすじ、キャスト、相関図についてご紹介していきたいと思います!

また「私の婿の女」の見どころについても詳しく解説していきますので、どうぞお付き合い下さいませ♪

スポンサーリンク

「私の婿の女」基本情報

放送期間:2016年1月4日~6月17日

放送局:韓国SBS

放送回数:全120話

平均視聴率:10.5% 最高視聴率:14.4%

監督:アン・ギルホ

脚本:アン・ジョンソン

「私の婿の女」あらすじは?


ジンスクは女手ひとつで娘を育ててきたシングルマザーでしたが、ある日その娘のヨンチェが恋人を連れてやってきました。

身寄りがなく孤児院で育ったというボクサーであるヒョンテとの結婚に反対したジンスクでしたが、すでに身ごもっているというヨンチェに渋々認めるしかありませんでした。

しかしそんなヨンチェが交通事故で帰らぬ人に。かろうじて命を救うことができた子どもの為にジンスクは仕方なくヒョンテとの同居生活を始めます。

ぎこちなかったふたりもいつしか本当の親子のような関係となったのですが、ヒョンテは新たに会社の同期であるスギョンと愛し合う仲に。

死んだ娘のことを思うとジンスクはスギョンが憎らしくて仕方がありませんでしたが、ある日ジンスクは自分とスギョンとの本当の関係を知ってしまうのです-

なんと婿が新しい恋人を作ってしまっただけでなく、その恋人が自分と重要な関係があるというのですから驚きが隠せません。

スギョンとの関係が明らかになったうえで物語はどのように進むのでしょうか。ラストまで目が離せない展開となりそうですね!

「私の婿の女」相関図!!


「私の婿の女」の相関図は以下のようになっています。

相関図を見て分かりますように、ヒョンテと両想いであるスギョンと、ヒョンテの義理の母のジンスクとの意外な関係がこのドラマを紐解く鍵となりそうですね。

「私の婿の女」キャスト一覧!!

「私の婿の女」の主要キャストについて詳しく見ていきましょう。

役:キム・ヒョンテ/キャスト:ソ・ハジュン


元アマチュアボクサーで、アパレル会社・KPグループの新入社員。4年前に妻を事故で亡くし、現在は義母と暮らしている。

【ソ・ハジュン】

生年月日:1989年9月19日

身長:179cm

血液型:不明

デビュー:2008年演劇「死んだ詩人の社会」

代表作:映画「グッバイ...そしてハロー」、ドラマ「オーロラ姫」

過去に香港でモデルをしていたというソ・ハジュン。スタイル抜群で爽やかな印象のイケメン俳優です。

2年ぶりのドラマ復帰ということで、妻に先立たれたシングルファーザーをどのように演じてくれるのか楽しみなところ(*^^*)

役:パク・スギョン/キャスト:ヤン・ジンソン


KPグループの新人デザイナー。明るく気さくな性格で、ヒョンテとは同期。

【ヤン・ジンソン】

生年月日:1988年6月27日

身長:166cm

血液型:A型

デビュー:2010年映画「ウエディングドレス」

代表作:映画「ソウォン」、ドラマ「シティーハンターin Seoul」「秘密」

2015年のドラマ「私の残念な彼氏」で注目を集めた女優のヤン・ジンソン。2010年にポカリスウェットのイメージガールに選ばれた経歴もあります。

爽やかで明るいイメージの彼女にぴったりのスギョンの役どころに注目したいですね。

役:イ・ジンスク/キャスト:パク・スンチョン


娘のヨンチェを事故で亡くしてから、婿であるヒョンテと暮らしている。

【パク・スンチョン】

生年月日:1961年2月19日

身長:160cm

血液型:B型

デビュー:1981年ドラマ「THE K2~キミだけを守りたい~」

代表作:ドラマ「No Limit~地面にヘディング」「ホグの愛」

デビューから36年のベテラン大女優のパク・スンチョン。韓国ドラマで母親役を数多くこなしています。

日本では薬師丸ひろ子さんにそっくり!なんて声も聞こえますね。「私の婿の女」婿と義母という難しい役どころを見事に演じられています。

役:チェ・ジェヨン/キャスト:チャン・スンジョ


KPグループの本部長。自分の出世のためにスギョンを利用しようと企む。

【チャン・スンジョ】

生年月日:1981年12月13日

身長:179cm

血液型:A型

デビュー:2005年ミュージカル「求婚」

代表作:映画「ちりも積もればロマンス」ドラマ「六龍が飛ぶ」

もともとミュージカル俳優だったチャン・スンジョは数少ない実力派俳優として注目を集めます。

普段は茶目っ気たっぷりですが、「私の婿の女」では計算高い野望の持ち主であるスンジョの悪徳ぶりを発揮。存在感を見せつけてくれています。

「私の婿の女」見どころは?

娘の婿と義母の同居生活!?


娘の結婚に反対だったジンスクですが、妊娠の事実に許したものの不慮の事故で娘は他界。お腹の子どもだけは奇跡的に助かったんですね。

婿であるヒョンテと赤ん坊のことを思い、同居生活を始めるジンスク。婿と義母という不思議な家族のカタチが出来上がります。

家族といえども赤の他人。ふたりを結びつける娘もいないなかでどのようにして親子のような関係を築き上げていくのか見どころです(^^)

婿の恋人、義理の母の複雑な関係!!


母親を亡くした孫の為に、身寄りのない娘婿と同居!これだけでもなかなか複雑なのですが、そこへ婿の新たな女性が登場するんですね。

まだ若いヒョンテのことを思うと新たな人生を応援してあげたいでしょうが、若くしてなくなった娘を思うとやはり憎らしくなるのが母親の心理なのでしょうか。

しかもヒョンテはジンスクにとって実の息子同然。息子を奪われる悲しさもありそうですよね。

義母ジンクスの猛烈な反対にヒョンテは不思議にさえ感じるのですが、それには予想できない3人の複雑な関係が描かれています。

登場人物たちの深い心理描写


スギョンに対して厳しく当たるジンスクでしたが、まさか自分と深い関係であることは思ってもいなかったでしょう。

物語は葛藤と和解への道のりを描いていくのですが、それぞれが抱える複雑な思いが歯がゆくもあり見ごたえのあるドラマに仕上がっています。

人間味の深い心理描写には、ドラマを見ていて共感できる部分がたくさんあると思いますよ。

「私の婿の女」豆知識!!

ソ・ハジュン待望の復帰作!!


契約の問題から俳優活動を休止していたソ・ハジュンが「私の婿の女」でドラマ復帰ということで話題を集めました。

ソ・ハジュンは2014年に放送された韓国ドラマ「愛だけするよ」以降、活動を中断しておりファンからはいつ活動を再開するのかと不安の声が上がっていました。

所属事務所と契約を巡り激しく対立があったようですが、その後和解となり「私の婿の女」での復帰が実現となったようです。

2年も彼の作品を見ることが出来なくてファンの方も辛い思いをされたようですが、無事に俳優として戻ってくることができて良かったですね(^^)

「私の婿の女」のostは?


韓国ドラマといえば作品を盛り上げるostも注目されますが、「私の婿の女」のostも例外なく素晴らしい曲となっています。

イ・シンジェが歌う「Missing You」は、ドラマのイメージに良く合っていて聞き惚れてしまいます♪

さまざまなドラマのostを歌い上げているだけあって、歌唱力は抜群!「私の婿の女」のドラマで流れる彼女の歌声にも注目してみてくださいね(*^^*)

まとめ


「私の婿の女」あらすじ、キャスト、相関図についてお届けしてきましたがいかがでしたか。

複雑な相関図のもとドラマは描かれていますが、人間の迷いや決意をもどかしいながらも感じ取ることができる作品となっています。

自分ならこんな時どう思うか、どんな行動をするだろうと登場人物たちに寄り添いながらも楽しめるドラマですのでぜひご覧になってみて下さいね(^^)/

以上、

私の婿の女のあらすじ・キャスト・相関図は?

についてお伝えしました。

-韓国ドラマ