新ドラマネタバレ

新ドラマのネタバレ・感想などについてお届けします。

韓国ドラマ

恋の花が咲きました(韓国ドラマ)のキャスト相関図あらすじを分かりやすく!!

韓国で大人気を博した新米警察官たちによる笑ありシリアスありのラブストーリー、韓国ドラマ「恋の花が咲きました」

今回はその人気からなんと全120話の大長編作品となった「恋の花が咲きました」の気になるキャスト、相関図、あらすじをご紹介させていただきたいと思います。

ドラマを見られる際に、是非参考にしていただけたらと思います!それでは、最後までお付き合いください(^ ^)

スポンサーリンク

恋の花が咲きました(韓国ドラマ)の基本情報

 

・どういう作品?

韓国の警察を舞台に繰り広げられるラブストーリーです。

また、本作はラブストーリーだけでなく、犯罪や家庭問題など様々な問題を取り上げています。

・視聴率は?

韓国で初回から20%を大きく超える視聴率を記録し、全120話の大長編ながら平均視聴率は10%をキープしています。

・制作スタッフは?

監督(演出)は、「太陽がいっぱい」、「太陽人位・ジェマ〜韓国医学の父〜」などで知られるコ・ヨンタク

脚本は、「一途なタンポポちゃん」のヨム・イルホとイ・へジョンのコンビが担当します。

恋の花が咲きましたの相関図は?



(日本語版が発表され次第追記させていただきます)

恋の花が咲きました(韓国ドラマ)のあらすじ

海外帰りの敏腕警察官テジンは、航空機で酒に酔って暴れていたドヒョンと遭遇する。

テジンは、うんざりしながらもドヒョンを静かにさせる。

その一方で、子持ちの新米警官グンファは、バイクで逃走を図った窃盗犯を追跡する途中で、共犯者と思しき人物に攻撃を受けてしまうのだった。

そんな時、偶然通りがかったテジンが、倒れているグンファの助けに入るのだったが……。

恋の花が咲きました(韓国ドラマ)のキャスト

ム・グンファ/イム・スヒャン

チャムスリ交番に勤務する新米巡査。

元ボクサーという経歴の持ち主で、殉職した警察官だった夫との間に娘がいる。

プライドも高く勝ち気だが、根は優しく愛らしい一面もある。

今作ではテジンのパートナーとなってあらゆる事件に当たっていくことになる。

チャ・テジン/ト・ジハン

警察学校をトップの成績で卒業した所謂エリート。

正義感が非常に強く、理不尽や不条理なことを見過ごせない性格。

しかし、過去に自分たち家族を置き去りにした母の存在が心の傷になっている。

パートナーとしてグンファと事件に挑むのだが……。

チン・ドヒョン/イ・チャンウク

ボラの兄で投資家として知られる。

性格はシニカルでナーバス。

家が裕福なため温室育ちで、無責任な行動が多く、自分より弱い立場の人に強く当たることもしばしば。

対立している義母のソンヒのことを疎ましく思っている。

グンファに誤認逮捕されたことが出会いのきっかけなのだが……。

チャン・ウンジュ/パク・ギュリ

チャムスリ交番に勤務する警察官で、警察庁長官の姪。

テジンに好意を寄せている。

前職は大手企業のプログラマーだったが、訳あって警察官に転職。

その容姿を生かして警察の広報でモデルになることも。

ちなみに演者は、KARAとして活躍したギュリ。
ム・スヒョク/イ・ウニョン

ダミ企画の代表でグンファの双子の兄。

性格は優しく、気立てが良い青年。

幼くして父を亡くしたグンファにとっては、彼女の精神的支えだった。

色盲(色の判別が困難な障害)を抱えており、緑色が紫に見えてしまう。

そのため、携帯電話を取り違えてしまうのだが、その携帯の持ち主がボラのもので……。

チン・ボラ/ナム・ボラ

ドヒョンの妹で料理研究家として活躍している。

非常に落ち着いた性格で、おっとりした雰囲気。

それでも料理研究家という仕事には人一倍情熱を持っている。

偶然であったスヒョクにだんだん心を惹かれていくのだが……。

恋の花が咲きました(韓国ドラマ)の韓国警察ってどういう組織?

ドラマ「恋の花が咲きました」は、警察が舞台です。

メインのグンファとデジンも警察官ですし、物語も警察関連の事案で動いていくことも少なくないでしょう。

警察は、その国ごとに仕組みが大きく違っていて、基本構造を知っていないと「なんで??」となってしまうこともあるかもしれません。

ここでは韓国警察の仕組みについて、簡単に解説させていただきます!

韓国の警察の実際

アメリカでは州ごとに警察が独自の力を持ち、なおかつFBI、CIA、さらには保安官がいたりと日本とはかなり事情が違います。

では、韓国はというと……実は非常に日本と近い警察体系なのです。

具体的には国家が管理す公務員という扱いです。

韓国の人口約5100万人に対して、9万6千人の肩が警察官とされています。(日本は25万人とされています)

ちなみに、ダイヤルは112です。

階級は

巡警・・・日本の巡査にあたりグンファの役職、正式な役職としては一番下。

警長・・・ウンジュの役職で日本の巡査と巡査部長の間に位置する。

警衛・・・日本で言えば警部補で、テジンの役職。

治安総監・・・日本でいう警視総監。警察のトップ階級。

警察庁長・・・実質的な警察のトップで、日本の警察庁長官に相当。階級ではなく役職である。ウンジュのおじさんがこの役職。

と、呼称は違いますが、日本の警察と非常に似た組織体系のため、ドラマを見るぶんにはすんなり入っていけると思います。

恋の花が咲きましたの豆知識

ムグンファってどんな花?

ドラマ「恋の花が咲きました」の原題は直訳すると「ムグンファの花が咲きました」となるそうです。

ムグンファというのは韓国の国花に指定されている花で日本ではムクゲという名前で知られている花です。

夏から秋にかけて花を咲かし、花びらは赤と白のコントラストが非常に美しいです。

日本でも松尾芭蕉、小林一茶、斎藤茂吉がこの花にまつわる作品を残しています。

韓国では、ホテルの格付け(ミシュランの星のような感じです)や列車の名前などにも利用されているので、目にしたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて、ではなぜこのムグンファがドラマのタイトルになっているかというと、韓国の警察の階級章(階級を見分けるマーク)の全てにムグンファがあしらわれていることから、のようです。

日本では旭日章という昇る太陽がモチーフになっていますね。

ちなみに、韓国での花言葉は、「粘り強さ」、そして「一途な心」です。

そんな韓国を象徴する花ムグンファは、ドラマではどのように表現されるのでしょうか。

韓国人俳優に多い!? 義務警察とは?

韓国ドラマファンにとって兵役は、時として大きな問題です。

韓国には満30歳までに、約2年間にわたる兵役に就かなければならないという義務があります。

政治的には隣国の北朝鮮とは休戦状態にあるため、それに備えて設けられた制度のようです。

もちろん、俳優、タレントとて例外ではなく、韓国人男性であるならば、誰もが避けては通れない宿命です。

しかし、20代といえば、俳優として輝きを増してゆく期間だけに、ファンとしては心苦しくもあります。

実際に、2017年だけでも、俳優のイ・ミンホ、チャン・グンソク、アーティストではBIGBANGのSOLとG-DRAGON、JYJのジュンス、2PMのテギョン、Jun.Kなど、そうそうたる顔ぶれが入隊間近と言われています。

ドラマ「恋の花が咲きました」中のテジンは31歳でしたが、演じたト・ジハンは25歳ですのでまさに対象な訳です。

ですが、最近は陸軍や海軍などで厳しい訓練をこなさなければならない軍人的を避けて、「義務警察」に従事るす俳優、アーティストも多いようです。

「義務警察」というのは、韓国の地方警察に所属しながら広報活動に従事なら兵役義務をこなすことです。

つまり、警察組織の一員として広報活動をする、言ってしまうならマスコット的存在としれタレント業務をこなすということです。

俳優ではリュ・スヨンさんやチョ・スンウさんが義務警察に従事されています。

しかし、韓国の一般男性からすると「芸能人だけずるい」となるようで、誰もがすんなりと従事できるわけではないようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

全120話に及ぶ大長編ですが、ストーリーやテーマ、そして役者陣は魅力的な人ばかりです。

韓国国内でも非常に評判のいいドラマですので、面白いこと間違いなしではないでしょうか。

今回、書かせていただいた情報が、これから視聴される方にとって有益な情報になること願ってやみません。

-韓国ドラマ