新ドラマネタバレ

新ドラマのネタバレ・感想などについてお届けします。

嘘の戦争

『嘘の戦争』1話ネタバレ感想と視聴率!!三角関係がヤバいことに!

2017/01/17

usonosennsou
2017年、火曜ドラマ枠に草なぎ剛さんが主役で帰ってきます!「銭の戦争」から2年、「復讐シリーズ」の第2弾として『嘘の戦争』が1月10日よりスタートします。

公式サイトを見てもまだ詳しいことが分かりませんよね。ちょっとしたネタバレ要素はないのかな…なんて気になったりしませんか!?

あらすじや登場人物などを見ていきながら『嘘の戦争』の第1話の視聴率やネタバレ情報などにふれていきたいと思います♪

⇒『嘘の戦争』2話ネタバレ感想と視聴率!!はこちら

スポンサーリンク

『嘘の戦争』1話あらすじ

images-3

千葉陽一(一之瀬浩一)が9歳のとき、母と弟が殺され父が犯人として逮捕されます。しかし犯人の顔をみた浩一は父の無罪を訴えますが、警察は信じてくれず周りも浩一を嘘つき呼ばわりします。

心を閉ざした浩一は、タイに渡り名前も一之瀬浩一に変え詐欺師として成長していました。

そして偶然、真犯人に遭遇し、30年胸の奥に閉まっていた怒りが溢れ出し彼を復讐の道へと導いていくのです。

騙すか-騙されるか-

ずば抜けた記憶力と巧みな嘘を操り、事件の関係者を罠にかけていく浩一は復讐を成し遂げることができるのでしょうか-

お互いの心理を揺さぶるシリアスな展開のお話になりそうですね!30年誰にも信じてもらえず母と弟は殺され、父親は無実の罪を着せられ…浩一のやりきれない思いが心に突き刺さってきそうです。

嘘の戦争はU-NEXTで見逃し配信中!

⇒U-NEXT

初回登録者限定で、

31日間無料トライアル実施中

※31日間以内に解約すれば、月額1990円はかかりません。

『嘘の戦争』1話で三角関係が始まる?

246717

浩一が復讐を成し遂げようとするなかで詐欺師の相棒的存在である十倉ハルカ水原希子)と社長令嬢で女医でもある仁科楓山本美月)と三角関係を巻き起こす模様です!!

十倉ハルカは海外で浩一の詐欺被害に会いますが、逆に浩一に詐欺師になりたいと頼み込み、現在では相棒のような存在になっています。浩一に一番近いところで彼を見守るうちに恋心を抱くのではないでしょうか?

仁科楓浩一が復讐を誓うニシナコーポレーションの子会社の社長令嬢ですが、強引な父や兄のやり方に嫌気をさし医者の道を選びます。最初は自分に行為を抱くを利用しようとする浩一ですが真っ直ぐなの姿に心動かされるのではないでしょうか?

嘘と憎悪が渦巻く中、3人の恋の展開も気になるところです!!

『嘘の戦争』1話ネタバレ

プールのある豪華な会場でのニシナコーポレーションの会長誕生パーティー。
二科家の長男晃(安田顕)が、優秀な経営コンサルタントとして一ノ瀬浩一(草彅剛)を父である二科興三(市村正親)に引き合わせる。しかし、二科興三は「経営コンサルには興味がない」とバッサリ。そこに、五十嵐(甲本雅裕)がフラフラとナイフを持って現れる。

「違う…俺じゃない。悪いのは…!」と呟きながら、二科興三に近付く五十嵐…かばう長男٠二科晃(安田顕)、次男٠二科隆(藤木直人)!さらに、その前に…一ノ瀬浩一が飛び出て立ちはだかり、二科家をかばい五十嵐に腹を刺されプールに落下…。

そして、一ヶ月前に遡る…。舞台は、タイのバンコク。ネオン輝く夜の繁華街。

三枝春男(佐戸井けん太)と一ノ瀬(一橋と偽名を使っている)は一軒のゴーゴーバーへ。一ノ瀬は、投資詐欺のターゲットの三枝を、自分が犠牲になりながら警察から逃がす。「投資金は戻らないけど、警察からは守る!」という一ノ瀬のおかげで逃げった三枝。三枝のタイ語の先生であるハルカは「その一橋(草彅剛の偽名)による日日詐欺ではないか?」と問う。

しかし、三枝は「彼なら絶対に大丈夫!」と答え、さらに「実はまだ預金がある」ことまでをハルカに話した。…しかし、全ては嘘!十倉ハルカが騙されそうな日本人を探しては、一ノ瀬浩一が投資詐欺を行っていたのである。ゴーゴーバーの女性たちも、踏み込んだ警察もみんなグルだった。まだ預金のある三枝はハルカにまかせ、浩一は新しいカモを探すという…。

そして、眠る浩一は夢を見ていた。30年前に家族が殺され、自分も腕に傷のある男にナイフで刺された記憶の夢…。そして、カモを探しに来ていたホテルのロビーで、記憶の中の腕に傷のある男を見つける‼わざとぶつかり拾ったペンには「慶明医科大学」の文字が。さらに、男は「五十嵐先生」と呼ばれていた。

日本を捨てたはずの浩一だったが「日本に帰る」という。驚くハルカに多くを語らず「借りを返す。あいつらにも地獄を見せてやる」と告げる。

舞台は日本へ。Bar「800」のオーナーで、浩一の詐欺の師匠である百田ユウキを訪ねた浩一。そこには百田の甥の八尋カズキ(菊池風磨)もいた。詐欺師見習いののカズキにいろいろ教えてやってくれという百田。パソコン関係に強いというカズキに「慶明医大の五十嵐という医者を調べるよう」依頼する。

慶明医大病院に忍び込み、浩一は五十嵐の准教授室にまで忍び込む。そしてPC にウィルスを仕込み、写真から家族構成&飲んでいる薬のリサーチ、盗聴器の設置を素早く済ませた。五十嵐は時期教授候補で教授選が近いという...。

その帰りに、二科という優しい美人女医をを見かける。

児童養護施設わかばの家の園長٠三瓶守(大杉蓮)を訪ねた浩一。「千葉陽一くん?」とすぐに捨てた本名で呼び掛けてくれた三瓶。子どもの時に助けてもらったお礼をいう浩一。しかし「君のお父さんには先輩としてお世話になったのに助けられなかった…」と悔やむ三瓶守。

児童養護施設で働く前は医者だったのだ。浩一が日本にしばらく暮らすと告げると「どうぞここに住みなさい。」と言ってくれる。30年前に、事件で孤独になった浩一を児童養護施設に連れてきてくれたのも医者の三瓶だった。

五十嵐の自宅にFaxで「五十嵐はタイで買春」という怪文書が送られてくる。五十嵐に浩一はさっそく会いに行く。「殺そうとした30年前の男の子を覚えているか?」問う浩一。「まさか千葉先生の息子さん?」と驚く五十嵐。「なぜ家族を殺した?!」という浩一に、「君はまだそんな嘘を?」という五十嵐。

殺人事件で見た光景を、嫌な夢…現実逃避の嘘とされたきた幼き日の浩一。そう…浩一が家族を失った殺人事件は、犯人などいない心中として扱われていたのだった。その辛さから逃げるために、架空の犯人を作り上げた子どもの嘘だと。しかし、浩一は「必ずあんたたちの嘘をあばいてやる」と言い残し去っていった。

盗聴器のある准教授室で「あの事件はあなたの指示だった。…もしもし、二科さん」と電話で話す五十嵐。浩一は「二科」という黒幕の名を知った。

五十嵐は、汚い金にまみれ、危ないところからも金借りていることを突き止めた浩一たち。さらに、タイで派手に女遊びする五十嵐の写真もハッキングから入手。浩一は、百田とカズキに「家族殺しについて、五十嵐の背後にいる二科という男」を探してくれと依頼する。

浩一はいつも嘘をついており、家族殺しの一件が真実なのか分からない百田は、浩一の去った後「浩一は息するように嘘をつく。油断するな」とカズキにアドバイスする。

その夜、慶明医大の院内新聞から「二科興三」の名を見つけた浩一。二科興三(市村正親)は医療機器のニシナコーポレーションという大企業の会長。浩一の家族の殺人事件の30年前は倒産寸前だったが、翌年から急激に成長している経緯がある。

そこに、タイからハルカが到着する。ハルカに二科興三に近付くように依頼した。


~30年前の回想シーン~

殺人事件あと、意識を取り戻した陽一(浩一の本名)が、「家族は殺された。真犯人を見た!」と訴えるも、刑事は「本当はこうだ。お父さんが家族を殺して自分も死んだ心中事件だ。嘘はいかん!」とねじ曲げた事件経緯を押し付けた。

ニシナコーポレーションに清掃員として潜入したハルカ。「会長に会うのは難しい。息子に社長の座をゆずっており公の場に出てこない」「しかし慶明医大病院の娘の二科楓ならすぐに会えそう」と告げる。浩一は、以前に慶明医大で会った美人女医を思い出した。

慶明医大の近くの坂道で、自転車に乗る女性(ハルカ)と接触して怪我した浩一。そこに二科楓が近寄って、病院で手当てをしてもらった。「自転車を運転していた女の顔も見ていない」という浩一に「あんな坂道での接触なら自転車側もよろめいたりするはず。顔も見ていないなんて嘘としか思えない」と分析する楓。

浩一は「実は、自転車は別れ話がこじれた元カノ。格好悪くて、その一点だけ嘘をついちゃった」と申告する。まさに息するように嘘をつく浩一。

Bar800の階上の空き部屋を「一ノ瀬コンサルティング」の事務所を百田から借りる浩一。ペーパーカンパニーを国際的に所有している浩一の日本事務所だ。

ニシナコーポレーションでは、会長秘書の七尾伸二(姜暢雄)が、会長٠二科興三に「五十嵐からまた電話が」と耳打ちする。会長室で七尾に「千葉陽一」のことを調べさせていた結果を報告する七尾。

「千葉陽一は、事件後に親戚と馴染めず児童養護施設へ。さらに18歳で施設を飛び出した。現在は、オーストラリアで自給自足で暮らすというblogを見つけたと報告する。名前だけでなく生年月日も幼き日のプロフィール写真も同じ「千葉陽一」のblogだが、実は浩一の作ったダミーだった。

五十嵐に会いに行き、一ノ瀬浩一は日本にいないとblogを見せた七尾。五十嵐に、一ノ瀬浩一から嫌がらせを受けているなんて、騙されているか、教授選の資金ほしさに会長を騙そうとしているという七尾。冷たく去っていった七尾の見ながら、「じゃぁあいつは誰なんだ」とつぶやく。

そんな五十嵐に再び会いに来た浩一。隠し口座の汚い金と、タイでの未成年買春の事実で脅す浩一。「認めて謝れ。俺の家族に…!」という浩一。

五十嵐が重要な真実を語り始めた…「30年前、借金をチャラにする約束で浩一の父を殺すことに。でも、母と弟と浩一が偶然帰宅してしまった。母と弟を殺したのは、名前も知らない二科興三の部下の男」

「なぜ、浩一の父を殺すのか詳しくは知らなかった。浩一の父は気づいてはいけないことに気付いてしまった。さらに黙っていれば良いものを、嘘が嫌いで明らかにしようとした」

「それは二科興三だけでなく皆にとって不利益なことだった…でも、それが誰なのか、何なのかは分からない」

と告白し、許しを請う五十嵐。しかし、浩一は、もう遅いと言う。

事件後に「心中でない。真犯人がいる」と告げるうちは病院から出してもらえず、とうとう刑事に「はい。お父さんが起こした無理心中です」と嘘を言ってしまったことを心から悔いていたのだ。その時、心に決めた…嘘ばかりの世の中なら、騙す側の人間になってやろうと。

五十嵐の汚い金の件は病院に明らかにしたが、買春の写真はまだ預かっておくという浩一。二科興三などに、浩一の復讐のことを話せば、このスキャンダル写真をばらまくと…。「必ず二科興三本人から真実を聞き出してやる。二科興三の仲間も見つけ出し破滅させる。全員に俺が見た地獄を見せてやる」と言い残し去っていった。

清掃員としてニシナコーポレーションに潜入しているハルカ。会長に会うのは難しいが、社長(藤木直人)である次男に「能力がないから」と、子会社のニシナカテーテル社長に左遷されている長男の晃(安田顕)になら付け入るスキがあるという。

とりあえず、二科楓(山本美月)に再接近する浩一。元カノとの関係が終わり、フリーなことをさりげなくアピール。楓から、前は仲が良かったのに二科家がバラバラになってしまっている話を引き出す。浩一は「自分は幼くして家族を失ってしまっている。だから、またバラバラの家族が一つになるといいね」と優しく言う。

楓は、長男の晃と時々野球を見に行くという。晃は元高校球児という情報も手にいれた。浩一は、このガードの緩そうな長男٠晃をターゲットに経営コンサルタントとして野球ネタで近付く。弟(藤木直人)にいいところを見せたい兄の心理に付け入り、ニシナカテーテルの東南アジア市場に進出することを提案する。そしてニシナカテーテルとコンサルティング契約を結ぶ。

ここからは、華麗な詐欺行為。詐欺は「リアリティとユーティリティー」とカズキに説く浩一。晃の素晴らしさを会長٠二科興三に直接伝えたいという浩一。さっそく晃は浩一をニシナコーポレーションに招き入れるが、次男٠隆が阻む。さらに隆は浩一のハーバード大卒を疑い、卒業名簿を取り寄せるという。しかし浩一のは「手強い相手の方が騙し甲斐がある」と余裕だ。

晃は二科興三の誕生パーティーにて、浩一を興三と引き合わせるという。

その夜、次男٠隆は本当にハーバード大の卒業名簿を取り寄せていた…が、本当に一ノ瀬浩一の名前があった。実は浩一は、「いつか使えると思って、ハーバード卒の一ノ瀬浩一という名前を使っている」と一枚上手だった。

しかし、今度はペーパーカンパニーである一ノ瀬コンサルティングのニューヨーク本社に電話する二科隆。もちろん、誰も電話に出ない…はずだったが、ハルカが電話をとるためだけにニューヨークに渡り、電話を受けて間一髪セーフだった。

二科楓(山本美月)に、渡したいものがあると電話する浩一。しかし、「また今度」という楓に「待ってる」という浩一。そして、雨の中でも長時間本当に楓を待っていた。熱を出しながら楓を待っていた浩一は病室に運ばれ、治療を受ける。その時に、先日のお礼だと、楓に像の尻尾の毛の入ったタイの指輪を渡した。

願いが叶うというその指輪で「二科家が元通りになるといいな」という願いが叶うといいね…という浩一。さらに「嘘は嫌いだから雨でも待っていた」という浩一のまっすぐさが心に響いた楓。「本当の話をする度に嘘つきって言われた。どうすれば良かった?嘘をつく以外に…」とうわごとを言いながら眠りに落ちた一ノ瀬浩一の心の傷が気になる楓。

一方で、全てを失い、車に飛び込もうとした五十嵐。止めたのは…弁護士に化けたハルカだった。ハルカは、肝臓の薬を飲んでいること言い当て、自分には真実を予見する力があると言い、心の弱った五十嵐を簡単に信用させる。そして「二科興三に会うべき」と助言する。

そして、二科興三誕生の当日…。隆(藤木直人)に「何が目的だ?」と詰問され「帰れ」と言われる浩一。そこに現れた楓(山本美月)が、兄٠隆を責め立てた。さらに晃(安田顕)まで現れて援護射撃をする。仕方なく隆は「いつかお前の嘘をあばいてやる」と耳打ちして去った。

隆は秘書に「一ノ瀬浩一を監視しろ」と命じた。また浩一は楓に「救命医として腕がいいよね。そばにいてくれたら心強いな。」と告げる。その真意は…?とりあえず、浩一が少し気になり始めた様子の楓。

そして、オープニングにつながる。パーティで浩一に「経営コンサルタントには興味がない」とバッサリ言う二科興三。そこに朦朧とナイフを持って二科興三に近付く五十嵐…実はハルカに操られていたのだった。そして、二科家をかばい、五十嵐に刺されてプールに落ちた一ノ瀬浩一を必死に助ける救命医の楓。

そして二科興三までもが「自分をかばってくれたのか?」と呟いた。しかし、隆(藤木直人)は見た…刺されて出血しながら不適な笑みがこぼれた浩一を…。「次週に続く」

嘘の戦争はU-NEXTで見逃し配信中!

⇒U-NEXT

初回登録者限定で、

31日間無料トライアル実施中

※31日間以内に解約すれば、月額1990円はかかりません。

『嘘の戦争』1話感想

二時間スペシャル、見応えがありましたね~(^^)主人公٠浩一は、開始数分で刺されてビックリでしたが、あっという間にひきこまれました♪まさか、刺した五十嵐をコントロールしていたのも浩一だったとは…‼

その後の豪華バンコクのロケ、華やかでしたね~‼きらびやかな世界があるんですね(@_@)草彅剛さん、タイ語も滑らかでした…。

あんな大がかりな詐欺…騙されちゃいますね~。騙される佐戸井けん太さんも名演でした。日日詐欺は本当に横行しているようですから、美味しい話には気を付けないといけません!

そして、夢などで時々はさまれた30年前の回想シーン。幼い浩一が、真犯人を大人に訴えても取り合ってもらえず、とうとう「父が家族を殺した」と嘘を言わされた時に、「嘘ばかりの世界なら、徹底的に騙す側になろう」と決めたなんて…悲しすぎます(T_T)どれだけ深い心の傷なんだろう…。

三瓶守の施設に戻り、子どもたちに慕われて、穏やかに迷惑がっている浩一の姿に人間味を感じてホッとします。

また、バー800の百田にハルカにカズキ...仲間といる浩一を見るとこちらもホッとするけれど、お互いに詐欺師として信頼感は持っても、心全てで信用してはいけないんですね。それを互いに教え合いながらの信頼関係が、詐欺師ならではだなぁと思いました。

そして、カズキ(菊池風磨)は態度が横柄でかわいかったです(*^^*)今後、カズキについて掘り下げて取り上げそうですね。

人を騙すためなら大ケガも厭わない浩一。全ての行動と言動が計算されていて一切の隙がありません。ピンチ?!と思っても飄々と乗り越える姿は、まさに天才詐欺師でしたね。晃(安田顕さん)の騙されっぷりも面白かったです(笑)

楓(山本美月)さんも、あんなに心を読まれて優しくされたら…好きになりますよね^_^;今後が楽しみです!

冷静な次男٠隆も、厳しいけれど企業を必死に守っているんですね…。偉大すぎる父、二科興三(市村正親)を持つと、子どもたちは大変です。黒幕の二科興三の仲間は一体誰なのか…。

華々しい幕開けの嘘の戦争、第2話も見逃せませんね!

嘘の戦争はU-NEXTで見逃し配信中!

⇒U-NEXT

初回登録者限定で、

31日間無料トライアル実施中

※31日間以内に解約すれば、月額1990円はかかりません。

『嘘の戦争』1話視聴率は?

cvpxywiueaa7jak

『嘘の戦争』1話視聴率は11.8%でした(^^)/

前回の『銭の戦争』の初回視聴率14.1%、平均視聴率が13.4%でしたので今作も10%越えはあるのでしょうか!?低視聴率が続くフジテレビにとっても期待のかかる作品になると思います。

視聴率もまだ分かりませんので、情報が入り次第追記いたします!しばしお待ちください♪

嘘の戦争はU-NEXTで見逃し配信中!

⇒U-NEXT

初回登録者限定で、

31日間無料トライアル実施中

※31日間以内に解約すれば、月額1990円はかかりません。

以上

『嘘の戦争』第1話ネタバレ感想と視聴率!!三角関係がヤバいことに!

をお伝えしました。

今回も最後まで読んで頂き
ありがとうございました。

スポンサーリンク



-嘘の戦争