新ドラマネタバレ

新ドラマのネタバレ・感想などについてお届けします。

砂の塔

『砂の塔』原作ネタバレ(下巻)結末はどうなる?

2017/01/29

236799-2
※http://ureshiiureshii.com/archives/5566より引用

毎週金曜の夜10時のサスペンスドラマ「砂の塔」。

女性同士の醜い争い、
プライドの張り合いが激化してきましたね。

菅野美穂さんの少し鼻にかかった
甘くて優しい「そらちゃん」という声に
癒される人も多いのでは(^^)/

今回は、原作の下巻の発売日、
下巻の結末予想などを調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

「砂の塔」原作下巻の結末はどうなる?2話あらすじ、感想

高野亜紀(菅野美穂)は、タワーマンションでの独特な人間関係、ヒエラルキーにストレスを感じながらも、家族のために必死に頑張っている。

夫の健一(田中直樹)はノルマを達成しなければ、大阪転勤となる。ボスママの夫でイベント会社社長の阿相武文(津田寛治)に契約を取り付けようと必死だ。

亜紀は、ボスママの阿相寛子(横山めぐみ)に無理やり押し付けられたベビーシャワーの幹事を、夫の仕事のためにと自分の時間を削ってでもやり遂げようとする。

しかし、亜紀の頑張りとは裏腹に、物事はうまくいかない。生方航平(岩田剛典)と亜紀が昔からの知り合いだったことを知り、嫉妬した寛子は、ベビーシャワーのパーティで、亜紀の壮絶な過去を暴露し、亜紀の心をずたずたにする。

しかもそれを寛子に教えたのは、あの佐々木弓子(松嶋菜々子)だった。このことが原因で、阿相武文は、健一の会社との契約を棚上げしたいと言う。契約の手付金を、阿相名義で自腹で振り込んだ健一は目の前が真っ暗に。

ママ友いじめにうんざりする亜紀だが、そら(稲垣来泉)と和樹(佐野勇斗)のために何とか頑張ろうと気持ちを切り替える。だが、亜紀は知らなかった、妹思いの和樹が、悪い連中とつるんでいることを。優しくしてくれる弓子の中に、冷たいものが流れていることを。

亜紀が寛子にいじめられるシーンは独身の僕でもかなり心が苦しくなりますね((+_+))プライドの高い女性にありがちないじめを、横山めぐみさんが憎悪たっぷりに演じています。子供のために一生懸命泣きたい気持ちを抑えて、笑顔を作ろうとする菅野さんの演技にも引き込まれてしまいます。

第3話はついに地獄のハロウィン
ということで犯人がついに動き出します(;゚Д゚)

3話で高野そらが誘拐されてしまうシーンも!

ドキドキハラハラが止まりません。

そんな3話の予告動画はこちら。
↓↓↓↓↓

6話ではついに弓子と亜紀の夫・健一の関係が明らかに(;゚Д゚)

☆砂の塔6話の内容はこちら。
『砂の塔』6話の動画とネタバレ、感想と視聴率は?

「砂の塔」原作ネタバレ下巻!上巻のおさらい

だんだんと「ハーメルン事件」の犯人像が浮き彫りになってきた。

身長170センチ
マスクに黒い手袋
目元のほくろ

犯人は男性?

契約が棚上げになった健一は、
阿相の浮気のアリバイ作りに協力することで、
契約をとりつける。

ママ友だけでなく、
夫たちの中でも階級が生まれていく。

誰かの罠により、ますます孤立していく亜紀。

そんな亜紀を励ます生方航平。

皮肉にも生方の優しさが亜紀を破滅へと追い込んでいく。

また、亜紀の知らない和樹の一面が浮き彫りになっていく。和樹の部屋には見知らぬ母親の写真がばらまかれ、本棚には、ハーメルンの笛吹が。和樹の本性とは…。

やっぱり高野和樹怪しいな、、

だって、お兄ちゃん、、
『砂の塔』お兄ちゃんとの年の差が!

原作下巻では黒幕犯人の正体も描かれていますね。

犯人は色々予想されていますね。

下巻の発売はまだのようですが、
どんな展開になるのか予想してみました。

ネタバレ予想ぜひ楽しんでください。

スポンサーリンク



「砂の塔」原作下巻の発売日は?

下巻の発売日は、
12月16日前後ではないかと言われています。

おそらくネタバレになってしまうのを避けるために、
原作下巻は最終回が終わってからですね。

☆砂の塔上巻は
こちらで購入できますよ。

↓↓↓↓↓
砂の塔上巻をチェック!!

また、電子書籍版
こちらで購入できます。
↓↓↓↓↓
砂の塔上巻をチェック!!

【砂の塔】原作ネタバレ!下巻の結末を予想してみた

和樹がハーメルン事件に、
大きく関与していくと予想されます。

というのも、まだまだ和樹の謎が多い!!2話の最後では和樹が悪い連中とつるんでいるシーンがありましたね。しかもベビーシャワーでも高野亜紀が寛子にいじめられた時もなぜか突っ立ってたまま。何か怪しいぞ(;゚Д゚)

妹思いの優しいお兄ちゃんの裏の顔がどんどん暴かれそうです。

悪い連中と付き合っているのも、
母親に不満がある表れかもしれませんね。

一生懸命な母親ではあるけれど、

結果的にそらを悲しませている、
自分をがっかりさせている、
空回りしている…

母親に対して憎しみがあるのかもしれません。

黄色いカーネーションには、

あなたには失望しました
拒絶、拒否
軽蔑

という意味があるそうですよ。

和樹は、母親に失望を感じているのかもしれません。

一方、弓子は、ふしだらで子供を大事にしない母親に対して「軽蔑」を感じています。弓子は恐らく子供を過去に亡くしていると思われます。そして弓子自身も、ママ友地獄の経験者なのかもしれません。

だから、人間心理を駆使して、ボスママの心をうまく操り、女性特有のいじめへと誘導できるのかと。弓子の行動は、非常に冷酷ですが、「美しい隣人」のサキのように、母親としての母性が根底に流れており、子供を失った悲しみにまだ癒えていないのかも。

また、今は、毒親の亜紀の母親・三田久美子(鳥丸せつこ)ですが、最後は亜紀の救世主になるのでは?とも考えています。最後に母親らしいことを命に代えてするのでは?今後、様々な愛情の形を描いていくと思います。人間の数だけ愛情があるから。

愛が憎しみに、憎しみが
愛に変わる描写がありそうで期待しています(^^)/

現在ネットでは犯人予想されていますが、
誰が一番疑われているのでしょうか?

やっぱり生方航平かな?

それとも、、
『砂の塔』犯人予想ランキング!

以上、

『砂の塔』原作ネタバレ(下巻)結末はどうなる?

をお伝えしました。

 

スポンサーリンク



-砂の塔